健康と太陽

健康と太陽の関係について

健康と太陽について

太陽が健康に関わりがあるのをご存知でしょうか?人間は生まれた時から太陽と一緒に育っているので、太陽に全く浴びていないで育った人はほぼ居ないはずです。特に朝日は人間の身体にとても作用してくれ、脳から身体全体に起き上がった事や太陽が昇っている、つまり今現在が朝だという事を伝えてくれる役割があります。

 

実際に昔からあまり外で遊ばない子は色白で、植物は太陽の光を当てないと青々した葉っぱを着ける事はありません。これからわかる様に健康な身体を育てるには太陽の光を浴びなければならないのです。

 

ですが長時間当たり続けるのはもちろん身体に害を与えてしまいます。(オゾン層の破壊による紫外線問題)薬を飲み過ぎるのもよくないように、何事も適度というものがあります。1日に1度は日光に当たって健康体になりましょう。時間にして1日に約10分〜15分程度という短い時間でよいと思います。

 

健康にどのくらいの効果があるのかははっきりとしていないと思いますが、太陽の光を浴びることで気持ちがリフレッシュしますし、元気がでるような感覚になります。

 

雨が降っていたり曇りのときは気分は下がり気味になります。このように考えると個人的には人間の身体には太陽の光は必要と考えます。

 

気づかないところで太陽の光が私たちにパワーを与えてくれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ