病院で働く看護師さんたち

看護師とは?

看護師

病院で働く看護師さん。私達から見れば皆同じに見える。しかし、この看護師にも種類があり、それぞれの役割のもと働いているんです。主に【看護師】、【准看護師】。

 

簡単に説明すると、国家試験に合格した看護師と都道府県知事による免許を取得した准看護師。看護師は医師の指示を受けて行動しますが、准看護師は医師や看護師の指示を受け行動しています。また、病室の掃除などを行う看護助手。

 

このように看護師といっても仕事内容が違ってきますが、病院ですれ違った医師には聞きづらいことでも看護師さんなら聞きやすいという感じがします。ですから白衣を着ていれば皆同じ看護師さんです。困ったことがあれば聞きますし、まさに白衣の天使です。

 

この病院があるからこそ私達は安心して暮らせるわけではありますが、病院は入院患者さんの対応や救急車で運ばれてくる緊急の方などの対応のため24時間で対応してくれています。

 

ですから看護師さんも日勤、夜勤と交代制の不規則な勤務になります。看護師さんの仕事も過酷ということで知られ、将来看護師を目指す方も多いですが、なぜか人材が不足しています。体力的にも精神的にも辛くストレスに耐えれずに辞めてしまう。新人看護師さんも多くいるそうです。

 

看護師の資格を持っていますのでハローワークを利用すれば転職は可能です。病院では医師は必要ですが看護師さんもいなくては困る大切な役割をしています。新人看護師さんもいろいろと大変と思いますが、働きやすい職場で活躍してほしいものです。

 

そのためには私達が病院に行かずにすむように、健康に生きるための努力が必要だと考えます。患者さんの数が減れば看護師さんの負担を減らすことができますから。私も健康に生きるために出来ることはどんなことでも挑戦していきたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ