よく噛んで食べる

食べ物をよく噛んで食べることで健康に生きる

物をよく噛む

ダイエットをする方は食事をするときに、食べ物をよく噛むことが大切といったことを聞きます。口の中に入れて30回くらい噛みましょうなど。噛む回数を増やすことで、たくさんの物を食べたと脳が勘違いすると言われたりしています。よくこれを脳をだますという表現をしています。

 

しかし、これはダイエットを考えていないという方でもする必要があります。食事のときに物をよく噛んで食べることは大切なことです。物をよく噛むことで食べ物を細かくするため消化がしやすいです。さらには、脳に刺激を与え血行をよくすることができるため、健康な体にしてくれるそうです。

 

現在では柔らかい食べ物が増えアゴの力が弱い子供たちが多いです。日頃から硬いものをよく噛む週間を身につけましょう。これを続けることで若さを、より長く保つことができるため一石二鳥です。歳を重ねれば誰でも老けていきます。

 

老けてから考えるのではなく今日からでも始めてみませんか?毎日の食事のとき、いままでより少しだけでよいので噛む回数を増やす。こんな簡単な方法はありません。老化していくのを少しでも遅らせ、体の健康を維持しましょう。

 

私たちの体は日々老化しています。ほんの少しの努力で見た目より若く保つことは簡単です。


ホーム RSS購読 サイトマップ